• ホーム
  • SEOの内部対策で検索順位をあげよう!

SEOの内部対策で検索順位をあげよう!

SEO対策は、大きくわけて外部と内部対策の2つにわけられることを把握しているでしょうか。
外部対策の場合には、被リンクを多く獲得することでサイトの価値をあげることを目的としています。
一方で内部対策では、ユーザビリティを意識して利用者が使いやすいコンテンツを目指すことが欠かせません。

そもそもユーザビリティが整っていない場合には、内部リンクが不純文和サイトかもしれません。
ユーザーがサイトを訪問したとしても、内部リンクがわかりにく場合、すぐに別のサイトを見に行ってしまいます。

実際にクローラーが自分のサイトを調査に訪れたとき、見るべき価値があるサイトだと思われれば検索順位はあがりやすくなります。
一方で調査結果がイマイチだと、検索順位はあがりません。
内部コンテンツを充実させて、クローラーから高い評価を得るためにはどうしたらいいか考えていきましょう。

SEOにおける内部対策で重要なポイントの1つが、キーワードを意識することです。
実際にどのようなキーワードで検索してほしいのか意識することで、自分が伝えたい情報を知りたいユーザーに見てもらうことにつながります。

またサイトつくりで忘れてはいけないのが、競合サイトが存在しているという点です。
同じようなジャンルで記事を書いている人も多いので、そのような競合サイトのほうが優れていたら、自分のサイトの訪問者は増えません。
そこでアクセス数を増やすためには、他のサイトとのいい意味での差別化が必要です。

差別化するためのポイントの1つが、良質な記事を書くというものです。
人々が知りたい情報がそろっている良質な記事であれば、ライバルである競合サイトに差をつけやすくなります。
もちろん差別化するための記事を書くといっても、初心者だとなかなか良い文章が書けずに苦労することも可能です。
ですが誰でも最初は初めての段階から記事を書いています。
最初は思うような文章が書けなくても、続けることで少しずつ質の高い記事を作ることにつながります。

内部対策を行うといっても、1日や2日で終了するものではありません。
毎日の記事更新やコンテンツの充実などの地道な積み重ねによって、自分のサイトを成長させられます。
コツコツ続けることで成果につながっていくので、充実したコンテンツを目指すために少しずつ努力していきましょう。
結果がすぐに出なくても、途中で折れずに続ける気持ちが大切です。

関連記事