• ホーム
  • ドメインは乗せ換えを行うことも可能

ドメインは乗せ換えを行うことも可能

色々なSNSのアイコン

中古ドメインはそのまま利用するのではなく、ドメイン載せ替えを行うことも可能です。
例えば中古でドメインを購入したものの、文字列が気になるなどのケースもあるでしょう。
また購入した中古ドメインが古くて被リンクが外れているなどのケースも見られます。
そのような場合には、ドメイン載せ替えを行って今の被リンクを引き継ぎながら新たなドメインを取得するのも1つの手です。

ドメイン載せ替えと言われても、知識がないのでそのような作業を行うのは難しいと思っている方も多くいます。
ですが実際には、作業の手順を確認していくことで初心者でも簡単に行うことが可能です。
まず準備が必要なのが、現在使っている中古ドメインと新しく使いたいドメインです。
このとき新しく使いたいドメインにリダイレクトするだけなのでスムーズに作業ができます。
リダイレクトができれば、中古ドメイン側での作業は必要ありません。

ドメインを載せ替えた後には、いくつかやることが存在しています。
その1つが、データを新しくインストールしなおすということです。
データの引継ぎが上手くできなければ、今まで使ってきたものが無駄になってしまいます。
そのようなことを防ぐためにも、やることは事前に確認しておくことが大切です。
また無事に載せ替えができたら、再度ログインが必要なので事前にパスワードをチェックすることも欠かせません。

現在使っているサイトのドメインを変更する場合の注意点は、お知らせをしっかりと行うという点です。
急にドメインが変わってお知らせをしないと、現在の読者が離れてしまうかもしれません。
現在の読者を維持したままドメイン載せ替えを行うためにも、注意すべき点の確認も忘れないようにしましょう。

また実際にドメイン載せ替えを行う方の例として、Googleによってペナルティを受けたというケースもあげられます。
Googleのペナルティで被リンクに問題があったので、載せ替えをするという方も多く見られます。
そのような場合には、ドメイン載せ替えが終わった後にペナルティで問題がないか確認することが大切です。

ペナルティの確認は、申請をすることで簡単に行えます。
申請の手順がわからなければ、Googleのサービスの使い方を調べてスムーズに確認ができるようにしましょう。
安心してサイトの運用ができるようにするためにも、ペナルティの有無の確認も大切なステップです。

関連記事